ウィークデーにライブラリーに行ってみたら以前と違う眺めが広がっていました

公民館に案件があったついでに書屋に寄りました。
ニュースを読んだり借り上げる気はなかったのですが
書屋ってほんのり立ち寄りたくなるエリアでもあるので
久々に入って見ました。

最初は気づかなかったのです。
百人一首のうれしいお伝えニュースとかないかな、なんて思いながら
書屋の裏のクライアントに起こる和歌隈に赴き
ドア近くに戻ってきて、なんとなく面持ちを決めると……

す、激しいな、こういうシーン。
椅子に座ってらっしゃるのは、皆さん男子のお婆さん。
一丸、新聞紙やら誌やら読まれている。
当然ニュースを選んでる中には女性もいらっしゃいますが
つい、ちょっと前に見た媒体を思い出しました。
『いずれ総人口の1/4が65歳以上に上る』と。

正確半年くらい前に来た時はそんな光景ではなかったような……。
こういう半年でどれだけのほうが定年退職されたのだろう。
うちのおとうさんがニュースを全く読まないこともあり、全く不思議な光景にも思えました。
そして、ありとあらゆる空論が(笑)。
定年退職して家でのほほん過ごそうと思ったけど
思いのほか余暇だった、とか
女房はこれまで通り仲よしと出掛けちゃったり
お家のことが忙しかったりして
結果旦那は所在がなくて、おこずかいも減らされちゃって
訪れるのはお金のかからない書屋なのかな、とか。

自身が利用する書屋も民間受任が決まっていますが
これからは置かれるニュースもなるのかな? なんて思いました。http://www.thechicagoproject.co/